フェニックスサイトシーイングコーポレーション株式会社 -環境問題

Environment issues
環境問題

化石燃料発電機とAQUENEOUS の比較一覧

一般的な発電機 水発電機『アクエネオス』
特徴 騒音・悪臭・排ガス ほぼ無音・無臭・無害
保管 困難 容易
消防法の観点 危険物(ガソリン) 非危険物
専門要員による設置・保守作業 必要 不要
燃料補給頻度 多い 少ない
メンテナンス 手間と費用を要する 無し

今後の石油代替エネルギー

現代社会において 必要不可欠な電気 。 東日本大震災以降の日本は脱原発へ舵を切り 、 現在は火力発電によっ て電気を賄い 、 そのエネルギー源は化石燃料に依存しています 。 一方、 車や非常用発電機のエンジンも 、 化石燃料に依存しており 、 日本は脱炭素社会への取り組みに大きな遅 れを取っているのが現状です 。

今世界中が SDG s への取り組みとして脱炭素社会を目指しており 、 近い将来 、 自動車は電気自動車へシフト し 、 その電力は再生可能エネルギーによって生み出されるという社会になっていくでしょう 。 そうなった場合 、 ガソリンスタンドなどの化石燃料を取り扱う事業が今より更に減少することが予想されます 。

現在日本中に設置されている非常用発電機の殆どは 、 ガソリンや軽油を燃料としており 、今後これらの燃料 は災害時に入手困難となります 。 【 発電機自体は使用可能だが 、 燃料を調達できなかった 】 という事例が増え ていくのは明白です 。

参考データ


1990年代後半から数を減らしていくガソリンスタンド
  • 1996 年 4 月
    特石法 特定石油製品輸入暫定措置法 により、ガソリンの輸入が解禁。
  • 2011 年 6 月
    『危険物の規制に関する規則 』 により、【 地下タンクの改修が果たせず、消防法に基づいた許可の取り消し処分を受けた 】【 営業の継続を断念した 】【 経営者の高齢化が進んでおり、休廃業・解散が進んでいる 】【 仕入れ価格の上昇や地球温暖化対策税導入で収益が悪化し、廃業を選択した 】 などが原因として挙げられる。

電化製品の消費電力と起動電力の目安

※ゆとり=起動電力